≪2017年05月   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   2017年07月≫

全記事(数)表示
全タイトルを表示
About
検索
最新の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
+管理者ページ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |


【ポケモンBW】ユキノオー調整案
実家からの更新になります。
近日中に一人暮らしの部屋へ戻ります。

さて、今回は「御大」ことユキノオーの調整案です。
種族値は並なものの、その特性により幅広く採用され色々な型が存在するポケモンです。

ユキノオー@タスキor選択 性格:れいせい
確定技 ふぶき こおりのつぶて
選択技 くさむすび エナジーボール まもる いわなだれ

くさむすびかエナジーボールの選択は、的を何に絞るかで決めましょう。
ロトムに対してはエナジーボール安定だが、バンギ、ブルンゲルに対してはくさむすびが高火力。
また、ギガドレインも候補に上がります。威力は高くないですが、対ロトム性能に優れます。
いわなだれはウルガモスピンポイント
色々な構成でまわしてみたいです。

HABCDS=76-108-52-252-22-0

Sは捨てています。メリットはバンギとの対面時に安定して霰を撒けるくらいです。

H-B=剣舞1積みA116振りガブリアス(201ガブリアス)のダブルチョップを確定耐えします。

C=極振り 調整先が無いのでこのポケモンの持ち味である必中吹雪の火力を最大にします。

A=こおりのつぶてで201、205、207ガブリアスを超高乱数2発です。霰が撒いてあれば確定。

D=余り

主に意識している仮想的を見ていただければわかると思うんですが、いわゆる電磁波砂パにおける粉ガブリアスをメタっています。
これらの調整により、砂が撒かれた状態でのガブリアスに後出しがしやすくなっています。


完全に粉ガブメタという訳でもありません。
最近流行りの水ロトムに対して圧倒的有利に出ることができます。

耐久調整をした上でタスキを使うのは違和感があるかもしれませんが、
柔軟な対応が可能になるので、そんなに悪くは無いと思います。

4/28追記
じっくり考えてみるとAに降る必要性はそこまで無いかもしれないので、この調整は参考程度に考えておいてください。
Aに振らない場合、耐久方面に少し厚くすればいいと思いますし、Aを捨てるならばひかえめにして素早さ調整するのもいいですね
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
ゲーム | 2011/03/29(火) 12:10 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。