≪2017年06月   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   2017年08月≫

全記事(数)表示
全タイトルを表示
About
検索
最新の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
+管理者ページ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |


フリーの万能エンコーダ「dBpowerAMP Music Converter」
MP3ファイルはサイズが大きいからポータブルプレイヤーなどにはそんなにたくさん入りません。
しかし、WMAファイルだと、かなりの量を入れることが出来ます。
そこでそんなエンコーダを紹介。

dBpowerAMP Music Converter

左の「dBpowerAMP Music Converter」をクリック。
ダウンロードしてインストールしましょう。
特に日本語化しなくても大丈夫かと。

次は、WMAフォーマットにソフトを対応させるために、コーデックをダウンロードします。

上のタブっぽいメニューの、「Codec Central」をクリックし、
下の欄の、Windows Media Audio をクリック。そしてダウンロード。
もしわからなかったら直DL。

スタートメニューの、「dBpowerAMP Music Converter」フォルダの中の、「dBpowerAMP Music Converter」をクリックして起動します。

すると、ファイルを参照するウィンドウが開くので、エンコードしたいファイルを選択。(複数指定可)

スクリーンショット
dBpowerAMP Music Converter

ファイルを指定すると、スクリーンショットの画面になります。

一番上の、「Converting ● File to」の右の、変換形式を、任意のファイルにします。
ここではWMAにします。

「Setteings」は、64kbps,44khz,stereo,CBR が一番いいかと。
64kbpsでも、音質の劣化は、ほとんど感じられません。

Folder の右端の、Browseをクリックし、ファイルの保存場所を選びましょう。

Preserve ID Tags にチェックを入れておくと、ファイル情報がそのまま引き継がれます。

Delete Source File ・・(省略) にチェックを入れると、元のファイルが、変換後に削除されます。

全て整ったら、右下の、「Convert >>」をクリックしましょう。
こんな画面が出ます。
Convert
ファイル数が多いと、結構時間がかかるので、気長に待ちましょう。

終わると、指定された場所に保存されています。
結構音質はいいです。

結構長くなりました。
トップページの重さによっては、続きに変更するかもしれません。

質問などあればどうぞ。

お わ り 。

関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
ツール | 2006/09/27(水) 22:09 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。